過去のお話会の様子

2018年

9月17日(月・祝)自律神経を整えるローレルを使ったバスソルト作り

はじめて来てくださる方、2回続けて来てくださった方、遠くからも時間をかけて来てくださった方もいらっしゃいました。

 

まずは、悲嘆反応のひとつである自律神経の不調を整えてくれると言われる「ローレル」の精油をメインに使ったバスソルト作りのワークショップ。胸の苦しさや呼吸のしずらさを緩和してくれる作用があると言われています。香りの力を存分に借りられるよう、呼吸法についても少しご紹介しました。

 

お話会では、他ではなかなか遠慮してしまって話せなかったという正直な気持ちや、赤ちゃんを亡くしたことをどのように受け止めているのか、身近な家族や友達との関係がどのように変わって、どのように思ったのかなどを、みなさんでお話しました。

 

今回から、赤ちゃんを亡くしてから10年以上経過している天使ママさんがサポートメンバーとして、お話を聴く側に加わってくださいました。天使ママとして「生き抜いている」姿やお話をうかがうことは、赤ちゃんとお別れして時間の経っていない天使ママさんの生きる力になると思います



8月26日(日)大切な人を亡くした方の心のケアオイル作り

神戸市立婦人会館での初のワークショップ付きお話会となりました。神戸新聞の記事を見てご連絡くださった方も来てくださいました。

 

「あらゆる種類の心の痛み、精神的苦痛を慰めてくれる」と言われるローズの精油。ローズは「人が非常に辛い心の断絶を乗り越え、その体験を人生の一部として受け入れ、生きる道を歩み続けていくためにある」と言われています(ナード・アロマテラピー協会2016年セミナーテキストより)。

 

赤ちゃんとのお別れから少し時間の経った天使ママさんが、「嫌な気持ちも出さないと前に進めない」とお話してくださり、気持ちを分かってくださる方がいると心強く感じました。



7月22日(日)愛しいあの子にリースを作ろう関西天使ママサロン大阪にて)

この日は5名の天使ママさんたちが、暑い中来てくださいました。赤ちゃんがお腹の中にいた時に着ていた服や、赤ちゃんのお洋服、手作りで作ったスタイと同じ生地、赤ちゃんに贈りたい色の生地などを使って、ファブリックリース(布リース)をお作りいただきました。

 

途中お昼休憩をはさみ、リースが出来上がった後はみなさんでお話会をしました。あるママさんが「やっぱり育てたかった・・・育てたかった・・・育てたかった・・・」とお話してくださって、本当にその言葉に尽きると思いました。。