過去のお話会の様子

みなさまからのご感想や会の様子です。ご感想は許可をいただいた方のみ掲載しております。文章はいただいた原文のままです。

2019年

第9回 5月12日(日)安心感を与えるゼラニウムのボディスプレー作りワークショップとお話会

今回は、5名の参加者さんと3名のサポートメンバー(当事者2名、医療者1名)での開催でした。最初にアロマテラピーのワークショップとして、安心感を与えると言われるゼラニウムを使ったボディスプレーを作りました。香りを味わいながら、ワークショップ中は笑顔だったみなさんが、お話会では普段は出せないような、一人では抱えきれない想いを涙ながらにお話してくださいました。長い連休と改元、こどもの日に母の日と、赤ちゃんを亡くした方にとっては、今年の5月前半は特にしんどかったですよね。。香りが少しでも心を緩めてくれていたらと思います。


参加者のご感想

記念日反応で日々の生活をするのに必死でこの5月は、色んなものにふたしながら、目をそむけながらすごしていきました。そのせいか、むなしく感じることが多くため息ばかりふえていってました。だけど、この会に参加して気持ちを一旦リセットすることが出来てよかった。またがんばろうと思います。

前回ちいさなつぼみに参加した時よりも胸の内を話せました。普段これだけじっくり人の話を聞いたり、自分の話を聞いてもらえる機会がないので、とても良い時間でした。共感してもらえるのは天使ママだけなので、こういう会を開いて頂けて本当に有難いです。毎日を生きる力になりました。ありがとうございました。

周りの人に話すことも聞くことも泣くこともできず、ずっともやもやしていました。泣ける場を設けていただき、感謝です。家の用事でなかなか三ノ宮へ出ることもできませんが、また参加させていただきたいと思います。

お久しぶりの参加になりましたが、いろいろお話できて良かったです。年数が経ってもなかなか立ち直れていない部分もありますが、なんとか、自分を嫌いにならないような生き方をしていきたいです。助産師さんにも今回は話を聞いていただけて、とてもよかったです。ありがとうございました。

ボディスプレー、とてもいい香りで安らぎました。大切なお供になると思います。お話会で話題となった周りとの関係。本当に難しいですね。私も普通のママのように、娘のことを普通に話せる日がいつか来たらいいなと思います。


第8回 4月7日(日)お話会のみの開催

今回は、お話会のみの開催でした。リピーターさんやポコズママの会でお会いした方など6名の参加者さんと、サポートメンバー3名(経験者2名、医療者1名)での開催となりました。2時間たっぷりと時間があったはずなのですが、終わってみたらあっという間に過ぎたように感じました。桜の咲くこの時期をしんどく感じる天使ママさんが多いです。季節の移り変わりに気持ちを合わせるのが大変ですが、みなさんそれぞれのやり方で、赤ちゃんを亡くしたその後を「生き抜いていくこと」と向き合っていらっしゃいました。


参加者のご感想

皆さんのお話を聞いて日常生活の中でも前に進んでいく事が大変かということと周囲の方の理解力や社会的に寄りそえる環境も考えていける世界になることも必要と感じました。

今日は胸がいっぱいです。代表ひろみさんの「無理しないでね」の言葉が、すごくふかく温かい意味がたくさんふくまれていてうれしいです。すごく心がしんどいので、皆さんに会えて本当に良かったです。ありがとうございました。

今日は、特に気持ちがしんどいときだったので、みなさんにお話を聴いていただいて、助かりました。2時間があっという間でした。自分の今の感情がおかしいものではない、悲嘆の経過として、そういう気持ちになって当たり前であることが、改めて分かって、本当に良かったです。

ひろみさん、今日はありがとうございました。1人で抱え込むには大き過ぎる波がきた直後だったので、皆さんと思いを共有できたこと、とても大きな意味がありました。エンジェライトにまた参加させてください。明日から、また日常生活がんばります。

今日はエンジェライトに来れてよかったです。とりあえず来れてよかった。航平ママに会えてよかった。今だけでなく、ずっと続いていくけど、皆さん同じで、がんばって生きてるんだなぁと思いました。


第7回 3月9日(日)大切な人を亡くした方の心のケアオイル作りワークショップとお話会

今回は、悲嘆の心ケアを目的としたアロマテラピーのワークショップとお話会の開催でした。サポートメンバー含め6名の天使ママさん達と、2名の医療者の方が集まりました。

ワークショップでは「悲嘆ケア」のためのローズ精油を使ったブレンドオイルを作り、そのままローズの優しい香りに包まれながらお話会をしました。

赤ちゃんを亡くした経緯などは、参加者さんそれぞれ異なるのですが「赤ちゃんを想う気持ち」は同じだといつも感じます。天使ママさん達は、大切な赤ちゃんをお空へと送った後、しばらくは希望の光が全く見えなくなってしまう時期を過ごすかと思いますが・・・、先に経験した方のお話を聴くことで、少しずつ少しずつその光を取り戻していくための時間となっていたらと願います。


参加者のご感想

たくさんのお話し聞いていただけてよかったです。他の方のお話しも自分の事のように思えて、色んなこと知れてよかったです。初めての参加だったので、キンチョーしましたが、みなさん優しくあたたかかったので来れてよかったです。こうゆう会が全国にたくさん出来てくれるといいなと思いました。ワークショップのあとに、お話し会だったので、話しやすかったです。

今日もたくさんのママさんから様々なお話を伺えて、良かったです。経緯や背景は人それぞれですが、大切にしている気持ちというか、核の部分は、みんな同じだなと感じました。また、参加させてください。


2月11日(月・祝)摩耶山とう利天上寺への遠足

交通機関の運行状況の関係で日程変更になりしかも雪の中でしたが、3人の天使ママで、摩耶山にある忉利(とうり)天上寺に遠足に行ってきました。日本で唯一、お釈迦様のご生母である摩耶夫人をお祀りしている天上寺。摩耶夫人は「女性のあらゆる難病や苦しみを救ってくださる女尊」と言われています。

遠足の目的は、自然に触れて心身ともに癒されること、摩耶夫人にお参りすることで少しでも心の平安を感じていただくこと、同じ経験をした人同士でスピリチュアルケアとしてのグリーフケアの時間を過ごしていただくこと、でした。

バスとケーブルカーとロープウェイを乗り継ぎ「星の駅」に着いてから、10分ほど雪の中を歩きましたが、風がなかったので思ったより寒くなかったです。鳥の鳴き声、雪が静かに舞い降りる様子、山の澄み切った空気に癒されてお参りした後は、掬星台にあるカフェのこたつ席で、ランチとケーキを食べながら、いつものお話会とはまた違う雰囲気で、今話したいことを沢山お話してきました。遠足に参加できるほどに回復したママ達を見て、お空の赤ちゃん達も笑顔でいてくれていたように感じます。



第6回 1月19日(土)アートセラピーワークショップとお話会

今年初めてのお話会は、アートセラピストの なだふみこさん にお越しいただき、ランプシェード作りのワークショップ「心をつなぐ 灯りのアートワーク」からはじまりました。アートセラピーは20世紀半ばごろに欧米で実践された心理療法で、上手に作ることよりも、言葉にならない気持ち・感情を表出していくことが目的となります。悲しみや苦しさにぎゅーっと押しつぶされていたような心が、ふっと緩んでいくようで、また、ほんのりとした灯りを見つめることで心が温まるように感じました。

今回はご夫婦2組を含む6名さまのご参加で、お話会では沢山の話題が出ました。天使パパならではのお話もあり、パパの気持ちが聞けたことは、新たな気づきとなったように思います。ランプのほのかな灯りが、みなさまの心もそっと和ませてくれますように。


参加者のご感想

アートセラピー非常に楽しかったです。優しい明かりに包まれて、心がおだやかになりました。赤ちゃんと出会えたことは、本当に何よりも嬉しいことだなと改めて思いました。つらいことも、嬉しいことも、色んなことを話せて、聞けて良かったです。ありがとうございました。

アートセラピーに初めて触れて良い経験が出来たと思います。私以外の男性の話も聞けて色々と考えさせられる事もありました。私の話が参考になれば良いと願います。

お話し会という場があり、とても心の救いに感じました。参加できてよかったです。一人ではないと感じることができました。最初にワークショップをしてから、話をする流れは場が和んでいたのでとても話しやすかったです。時間はどれくらいあっても話し足りないと思うので、これくらいが調度良いのかなと思います。また機会があれば参加させて下さい。

死産を経験した後、いろいろな思いをなかなか整理することができませんでした。今回この場をお借りする中で、自分の思いを言葉にすることが出来、少しばかり心が軽くなった様な気がします。男性の方からのお話を聞くことが出来、同じ様に思っている同性の方がいたというのは非常に心強く、ありがたいと思いました。こういった話は男性の中ではなかなか理解されるものではなく、本日は参加:共有することができ良かったと思います。

造ることだけに専念できたこと、とても嬉しい時間でした。自由に想いのままに・・・。そのままでいいんだなと、造りながら思うことができ、とてもよかったです。ありがとうございました。

ひろみさん、アートセラピーの先生、参加者の皆さん、本日はありがとうございました。私は色んな講座やお話会でアートセラピーを受けたことがあるので、とても楽しみにしていました。天使ちゃん2人がお空に帰ったのが、1月と2月でした。私の魂が天使ちゃん2人のところに行ってしまいそうな気分になる時期です。「心をつなぐ 灯りのアートワーク」ランプシェードを作ることに没頭できて、私は今ここにいると実感が沸きました。天使ちゃん2人のことをしっかり悲しむことができました。お家の天使ちゃん2人のコーナーにランプシェードを飾らせて頂きます。お話会は繰り返し参加させて頂くことで、その時その時の気持ちが言葉に出せて、当事者同士で聞き合い、自分の気持ちを整理することができて、本当に心の支えです。